業務日誌

WordPress/サーバPHP環境のバージョンアップ作業代行 料金表

ozone notesでは、WordPressのバージョンアップ対応費用を以下のように定めました。
また、長らくWordPressサイトを運用されている場合、使用しているPHPのバージョンが古いと、現在使えているプラグインがバージョンアップによって急に使えなくなることがあります。(特に PHP5.6未満の環境では、使用できるプラグインが限られてきています。)
対応をご希望の方はメールにてご依頼ください。制作会社様、一般企業様とも同一価格となります。
データベースバックアップ、プラグインバージョンアップ、事前事後のサイト調査と動作確認は下記価格に含みます。

ozone notesで制作・改修したウェブサイトの場合

有償保守契約あり
追加費用は不要で対応いたします。適用タイミングは当方におまかせください
それ以外のお客様
1サイト 20,000円 +税 にて対応いたします。

他社制作のウェブサイトの場合

WordPressバージョンアップのみ

1サイト 30,000円〜 +税 にてお見積いたします。

WordPressバージョンアップ、レンタルサーバPHPバージョンアップ

1サイト 50,000円〜 +税 にてお見積いたします。

テスト環境構築を含みます。
また、使用しているテーマやプラグインを確認し、メンテナンスが止まっているなどの理由で使用をやめたほうが良いものがある場合はお知らせし、対応のご提案もいたします。


サイトの作りや規模等の条件によって変動する可能性があります。あくまで目安としてお考えください。
また、共用レンタルサーバ以外(VPS, 専用サーバ等)の場合は上記金額と異なります。個別に調査いたしますので、詳細情報を添えてお問い合わせください。