業務日誌 -2015/1/14-

作業部屋のデスクの向きを変えたい

業務日誌と言いながら全然更新できていないので、たまには書いてみる。
基本的に技術ネタはブログ(mypacecreator.net)の方に書いて、こっちには書かないことにしているので、もともとあまりネタに乏しい日誌なのだが。。。

現在、私には作業場が3ヶ所ある。
自宅のデスク、共同で借りてる北区の事務所、MYCAFE錦通店の固定席。
我ながら贅沢な環境だなぁと思う。

この中で最も快適に作業ができる(はず)なのが、自宅のデスクだ。
スペースが最も広く、21.5インチ×2枚のデュアルディスプレイになっており、デザインデータを参照しながらコーディングしないといけない時などは、自宅デスクで集中してやることにしている。

しかし、自宅のデスクだと逆に集中できない、というか集中力がきれやすい。
何でかなー、と常々考えていて、いろいろ理由は思いつく。ほとんどが自宅ゆえに起こる誘惑だったり雑念だったりする。(家事が気になる、部屋が暑いor寒い、ソファに座りたくなる…etc)

その中で1つ、「デスクの向きが気に入らない」ということを、1年くらい前から思っている。

自宅デスクは、部屋の角に置かれている。
すなわち、常に壁に向かって作業をしていることになる。

これはよくない。閉塞感が強い。

できれば、デスクは部屋の真ん中に、全体を見渡せる感じで配置したい。

写真 2015-01-14 19 49 53

もちろん、現在の自宅ではこんな願いは叶わない。
1LDKに二人暮らし。作業場は夜になると布団が敷かれ寝室になる。
旦那が朝早くて、私の作業が夜遅くなる時(納期前)なんかは、旦那は蛍光灯の灯る中で寝ることになるのでとても申し訳ない。

今の家よりも実家に近いマンションは今のところ存在しないので、こればかりは仕方がない。
せめて夜間は仕事をしなくて済むように務めるしかない。

まとめとしては、今後もしフリーランスとしての活動を考えている方がいれば、デスクはあまり部屋の端に置かないほうがよいと助言したい。
狭い場所や端っこが好きなタイプの方もいるかもしれないが、せっかくの活動拠点なのだから、空間を贅沢に使うべきだと思う。