業務日誌

個人事務所ゆえに、断腸の思いでお断りしなくてはならない案件の傾向

ozone notesは個人事務所です。
しかも一応主婦兼業でやっていますので、いただくすべてのご依頼をお請けすることは物理的にも不可能です。
ですのでどんなに頑張っても、どうしても「ご依頼をお断りする」というケースはそれなりの頻度であるわけです。

ご相談をいただけることは大変ありがたいのですが、自分のキャパを超えて仕事を詰め込むのは仕事の質が下がりますし、結果クライアントさまの不利益になるため、ドライに見られてしまうかもしれませんがそこは割り切っています。
断腸の思いです。分身できればいいんですができないですし、コピーロボットがあってもけんかしそうなので、どうぞご理解ください。。。

そこで、多少言い訳めいておりますが、これからozone notesへの問い合わせを検討されている方向けに、私が仕事をお請けするときの判断基準というか重視していることを書いておこうと思います。

最大の判定基準

(1)「クライアントさんにとって、私に依頼することのメリットがあるかどうか」

(2)「その依頼を請けることが、既存のクライアントさんの不利益にならないか」

これに付きます。

具体的には・・・

(1) クライアントさんにとって他社に依頼したほうが良いであろう場合

  • 私よりも安くて早くて質の高い提案や制作ができる人がごろごろいる分野
  • うちで請けても大部分が外注になってしまうようなもの
  • 土日や夜遅い時間の対応が必要となりそうな内容
  • 急ぎの案件   など

(2) 既存のクライアントさんの不利益になりうる場合

  • すでにサポートしているお客様の同業者様(契約内容によりますが)
  • 事業規模、制作工数があまりに大きいご依頼(既存案件のサポート時間が削られるため) 

などは、ご依頼金額がどれだけ高くてもお断りすることになってしまうと思うので、あらかじめご了承ください。
 
上記の原則からは逸れますが、
・自宅作業もするため、アダルト系など、家族がいる中で作業をすることが憚られるような内容
・常識的な相場感とあまりにかけ離れた格安での依頼
・会社員時代に培った嗅覚が訴えかけてくるような話(お察しください)
も基本的にはお問い合わせの段階で、お断りさせていただいています。

逆に、「なかなか他では引き受ける人がいないだろうなぁ」というニッチだったりマニアックな内容は、金額の大小を問わず、ご相談に乗らせていただきます。

なかなか言葉にはしづらいですが、「なぜ私なのか」というところを大切にしているつもりです。
そういったところが、大きめの制作会社や代理店ではなくフリーランスだからこそ追求できることだと思いますので。

こんなより好みの激しい私でも受け入れてくださる方からのご連絡を心よりお待ちしておりますm(_ _)m

「Webや販促手段をどれだけいじくるよりも、根本の商品やサービスや企業の中身を変えたほうが手っ取り早い」という話を思い出した

頭を使うことを楽したら、成長は止まってしまうのだろうなぁと感じることが多い。 楽するのではなく、楽しむようにならないと。

業務にあたる中で、4年前に「Webサイトのマネタイズ」に関する勉強会に参加したことを思い出した。 その時に聞いた話のメモは、この業務日誌にも残してあった

この時の日誌は聞いたことをそのまま箇条書きにしただけって感じで、いま見るとまだ自分の中に落とし込めていない感じがする。
でも、Webのしごとに携わって10年、フリーランスになって4年。この時聞いた「Webや販促手段をどれだけいじくるよりも、根本の商品やサービスや企業の中身を変えたほうが手っ取り早い」って話が今になってじわじわと自分の中に響いてくるようになった。

この時の勉強会で私が取っていたノートを見直すと、こういうことが書いてあった。

  • Webは収益や望む結果を得るための手段
  • 「目的のために手段は選ばない」のはOK、逆はダメ
  • Webにこだわり過ぎない方が手っ取り早いこともある
  • 事業の低迷時にまずテコ入れすべきは、商品・サービスそのもの。Webは最後でもいい

そりゃそうだよなー。と感じた。

マーケティングの4P

その時の走り書きノート。本質はWebの外にあることも多いって話

これまでWebサイトを制作・運営サポートする立場としていろいろな企業を見てきたけれど、それなりに結果を残している企業は私のような者から見ても、そもそもの商品が他社より上質だったり、スタッフ教育がものすごく行き届いていたり、社長や経営陣がものすごく勉強してたりする。

Webの力で「優れているのに知られていないものを知ってもらう」ことは、とてもやりがいがある。
Webサイトのデザインを変えたり、ページ内容を変えたり、キャッチコピーを変えたりして、コンバージョンが増えると嬉しい。

でも、クライアントさんの方で企画した新商品や、新しいセット商品を載せるようになってから、じわじわとアクセスもコンバージョンも増えていったりして、「Web屋じゃかなわないなー」って思わされることも多い。

結局、Web屋のできることなんて限られてる。

なかなか結果が出ない時、
「サイトのアクセスが少ないから増やさなきゃ」
って真っ先に考えたくなるけど、アクセスが少なくても仕事がとれているサイトはある。
アクセスを増やせばいい、って考えるのは、結局それが一番見えやすいし、楽だからなんだろう。

でも、そこからちょっと頭を働かせて、

「サイトの作りを変えた方がいい?」
「いや、コンテンツ自体を変えた方がいい?」
「いやいや、新しい商材やサービスの企画とか、問い合わせへの対応の仕方とか、既存顧客へのフォローとか、そういうのを変えていったほうがすぐに業績に繋がるんじゃ?」

っていうように、だんだん企業活動の核になるところまで踏み込めると、何か動き始めると思う。

最初からWeb以外の情報まで共有しながら、経営者さんと同じ方向を向いて歩めるように

商品や企業自体の魅力を上げていくってことは、最終的に経営判断だ。
いくら提案しても、経営者自身が納得し、コレだと思ったものを進めていかないといけない。丸投げではやはり厳しい。
私の方の仕事は、その経営判断のための情報を提供したり、企画に対する具体的な遂行方法を考えたり、背中を押してあげたり、そういうことになる。

 

・・・なんてことをWeb屋の立場で言い始めると、どうしても言い訳っぽくなってしまう。
だから、最初っから

「Webだけじゃだめなんだ、全体を見ないと」

ってことをクライアントさんとしっかり話して意識共有して、商品企画や経営についてクライアント企業自身にしっかり頭を使ってもらえるようにしないといけない。

自分もWeb以外のことをもっともっと提案できるようにならないといけないし、クライアント経営者さんへの教育や、時には説教もできるくらいの力がもっともっと必要だなぁと改めて感じた。

やっぱり頭は使い続けないと。
そして、クライアントさんに気持ちよく、楽しく頭を使ってもらえるようにならないと。

【募集締め切りました】フリーランス志望またはフリーランスになりたてのWeb制作者の方に、案件とノウハウを提供します。

※2015.04.16追記
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
下記条件での募集については締め切らせていただきます。
多くのお問い合わせを賜り、ありがとうございました。


以前、「ちょっとした作業をお願いできるパートナー募集」というのを行いましたが、今回は「ちょっとした」ではなく、「しっかりと」携わっていただける方を募集しています。
ozone notesの業務を手伝っていただきながら、フリーランスとして自立し第一線で活躍していくための術を盗んでいただきたいと考えています。

こんな人におすすめ

  • フリーランスとして独立したい(した)けれど、当面決まったお客様や取引先がなく、とりあえず健全な案件をこなしたいという方
  • 仕事を探してクラウドソーシングサービスなどを見てみたけど、全然条件に合った仕事がないという方
  • 大手制作会社の外注・パートナー募集は求めるスキルの要望が厳しく(JavaScriptやPHPできないとダメとか)、応募しづらいなーという方
  • フリーになったけど、どうせなら一人でやるより誰かと絡みながらやりたいという方
  • 代理店案件ばかりではなく、直クライアントの案件や、制作後の運用サポートもやっていきたいという方

まずはこんな仕事からスタート

  • HTML+CSSによる既存のサイト修正
  • PhotoshopやIllustlatorを使った簡単なサイトパーツ画像作成
  • WordPressテーマ作成、カスタマイズ、運用サポート など
  • お客様との打ち合わせ現場同行(希望者のみ)

こんなことも知れるかもしれません

  • 見積作成の基本的な考え方、勘所
  • 自発営業なしでそれなりにコンスタントに仕事を受けつつやっていく人たちの動き方
  • このWebサイトから実際どのくらい仕事の話が来るのか的な裏話
  • その他サイトやブログでは書きづらいこまごましたノウハウ

前提スキルなど

  • 基本的なマークアップ案件(HTML+CSSコーディング)ができる方というのがスキル条件になります。
  • ozone notesではデザイン制作案件は請けていませんが、デザインもやりたいという方にはデザイン案件をお任せすることは可能です。ただし私からデザインについてあれこれ教えることはできません…。
  • プログラミングの知識は今のところなくても大丈夫です。ただしWordPressなどのCMSを触る案件も多いので、入門的な内容くらいは覚えていただくことになります。ですのでプログラミングに極度の苦手意識をお持ちの方だとおそらくつらいです。

条件など

  • 制作スキル自体の指導が目的ではありませんので、必要なWeb知識は原則としてご自身で勉強してください。(成果物に対して気付いたことは言います。質問は大歓迎。)
  • 雇用契約ではなく、個別の作業に対して外注費をお支払いするという形になります。
  • ozone notesの仕事だけで生活が成り立つところまでの保証はできかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 当面ozone notesのスタッフを名乗っていただく形でも、ご自身の名前や屋号を表に出して活動していただく形でも、その両方を使い分けていただく形でも構いません。
  • 「見習いなので通常より安い報酬で」という考えはありません。通常通りの報酬で、通常通りの責任を負っていただくこととなります。(万一の大きなトラブルの際はozone notesが責任を負います)
  • 更新案件は比較的早いレスポンスが求められることが多いので、週3以上は平日昼間動ける方を希望します。「仕事ができるのが土日や夜間限定」という方だと厳しいかもしれません。
  • 面接は名古屋市内にて行いますが、オンラインチャットなどでこまめに連絡が取れれば作業場所・地域は問いません。
  • ただし、名古屋市北区か中区の作業スペースまで出勤いただけると、他の仲間たちとわいわい雑談しながら作業したりできるので、いろいろな情報が自ずと入ってきたりしてメリットは大きいです。

なぜこのような人材を募集するのか?

  • お問い合わせ後の返信メールか、面接の際に詳しくお話しします。

募集要項

  • ご興味のある方は、メールフォームよりお問い合わせください。
  • 正式な履歴書や職務経歴書は不要ですが、プロフィールや経歴が分かる書面やWebページ、ご自身のブログや運営サイト・ポートフォリオなどのURL、PC+アプリ環境と基本スキル、得意ジャンルや積極的にやりたい内容などをお知らせください。(サイトのフォームから書類や多数のURLの送信はできませんので、こちらからのメールに返信する形でお送りください)
  • 日程調整後、面接を実施します。面接は名古屋市内にて行います。
    (どうしても名古屋まで足を運ぶことが難しい方は個別にご相談ください。来られないからNG、ということはありません。)

作業部屋のデスクの向きを変えたい

業務日誌と言いながら全然更新できていないので、たまには書いてみる。
基本的に技術ネタはブログ(mypacecreator.net)の方に書いて、こっちには書かないことにしているので、もともとあまりネタに乏しい日誌なのだが。。。

現在、私には作業場が3ヶ所ある。
自宅のデスク、共同で借りてる北区の事務所、MYCAFE錦通店の固定席。
我ながら贅沢な環境だなぁと思う。

(さらに…)

手紙のすすめ

昨年あたりから、手書きで手紙を書く機会を意識的に増やしました。
お礼状やお祝い状をはじめ、メールやSNSと比べて伝わる気持ちの量・質が圧倒的にちがうと思っています。

大人になって、年賀状と請求書以外で手紙なんて書いたことない人もいるんじゃないでしょうか。 私も一昨年まではもう何年も手紙を書いたりしてなかったんですが、書いてみるとなかなかいいものです。

(さらに…)

ozone notesという屋号の由来をいまさら書いてみる

先月参加した勉強会で「自社の経営理念を考える」という話がありました。
そういえば理念なんてちゃんとしたもん考えたことないなーと思っていると、「そういうのって屋号に表れるよね」という声が。

そうか屋号かー。
ということで、今一度わたしがなぜozone notesという屋号を付けたのか(後付け理由を含め)まとめてみることにします。

(さらに…)

学生に、レポートの書き方のコツをエラそうに話した(伝わったかなぁ)面接やブログネタにも使えるかもね

このサイトからご縁があって、大学3年生のゼミのお手伝いをさせてもらいました。
学生が農業従事者や、農業関連商品・サービスを扱う企業などにインタビュー取材に行き、そのレポートをWebサイトに公開するというプロジェクトなのですが、私はそのためのWebサイト(WordPress)を用意する担当としてお声掛けいただきました。

もともとは、ハコを用意して学生に使い方を教えればそれで完了という仕事ではあるのですが
自分も大学生の時に社会調査実習をやっていたこともあり、いろいろと懐かしい気持ちでいろんなお世話を焼いてきました。

その中で、「自分でも普段あたりまえにやっているはずだけど ついつい忘れがちになってるようなこと」を学生を前にしてエラそうに話してきました。

(さらに…)

ちょっとした作業をシェアできるパートナーさんを募集中です

ozone notesではちょっとした作業をお願いできるパートナーさんを地味に募集しています。
ブログの記事入力や商品入力、バナーやパーツ作成とか、1Pだけのデザインカンプ、既存サイトの更新作業等、ほんとにちょっとした作業を気軽にシェアできたらいいなぁと思います。

  • HTML+CSSで既存のサイト修正、画像の明るさ補正・サイズ調整ができる方
  • 「小口の仕事でこづかい稼ぎしたい兼業デザイナーの方」、「元制作会社勤務で現在主婦の方」など大歓迎です
  • 地域は問いませんが、名古屋市北区まで打ち合わせにお越しいただける方を優先します。
  • 企業内のWeb担当やリスティング広告運用経験のある方大大歓迎です
  • PC+アプリ環境と基本スキル、ポートフォリオURL、得意ジャンルや積極的にやりたい内容等をお知らせください

また、取引先にコーディング作業の外注先を探している制作会社・デザイン会社が数社あり、
二次請けとしてお願いするのではなく、直接発注元会社へ応募者様をご紹介し、ozone notesにて中間マージンをいただかない形の案件もございます。
継続的な案件の発注元をお探しの個人の方、ぜひご相談ください。

ご興味のある方は、メールフォームよりお問い合わせください。

クライアントのパスワード情報を気軽にコピペして送ってくる発注会社が多いです

最近おかげさまで新規の取引先さんからの問い合わせがちょこちょこと入ってきているのですが 同時にもやもやすること、気になることがあったので書いておきます。

これを読まれたお取引先様方は、「あ、うちのことかな」と思われるかもしれませんが、 御社と同じ事をなさった会社が他に5社はあります。決して他意はありません。
ただ、フリーランスの目線から見ていろんな意識の甘さが気になるケースが多すぎるので、 書かねばならぬと思った次第です。

それは、
「クライアントのFTP情報やログイン情報をいきなり送ってくる会社があまりに多い」ということです。

(さらに…)